SHOPをメディア化するリアルアフィリエイトプログラムなら株式会社ウェブロップ

O2Oマーケティング

  • HOME »
  • O2Oマーケティング

weblopの考え方

ユーザ心理の「先読/分析」が忘れてはならないポイント

これまでの販売促進はメールマーケティングやオンラインキャンペーンを、実店舗での来店促進や購買促進のためにも活用したり、オンライン会員や閲覧者ユーザを店舗や実際のオフラインの消費行動につなげようとする取り組みはありましたが、オンラインにタッチする環境が限られており、インターネットでのショッピングと実店舗でのショッピングとは、消費者の目的や利便性にあわせて別々に行われていました。

近年Facebookの台頭によって、これまで秘匿性の高いメディアであったソーシャルメディアが劇的に進化し、
ユーザレビューやユーザランキングといったCGMコンテンツが信頼性を取り戻すことにより、
「誰が、どういっているか」というユーザの心理的分析が働きこれまで主流であったAIDMA理論に代わってAISASへ移行しつつあると考えております。

スマートフォンが普及したことで、Wi-Fiスポットが増加し、通信料の固定化、消費者はいつでもどこでもインターネットとつながり、情報と検索と共有を駆使する消費者となりました。WEBとリアルがシームレスな連携になったことで、オンライン上の情報収集から実際のアクションまでの時間が大幅に短縮された事や、GPS・NFC・AR・QRなど新しい技術によって画期的なプロモーションの手法にも新たな可能性が生まれています。

そうした消費行動の根本であるユーザニーズを事前に的確に把握するとともに、ニーズの裏に潜む物の見方や心理状態など、徹底したユーザに関する洞察と分析がO2Oの成否に大きな影響を与えるのです。
「そもそもユーザは誰で、どういうニーズで、どういう状況なのか」というユーザに関する深い理解が求められます。

O2Oとは

オンライン(インターネット)の情報がオフライン(実世界)の購買活動に影響を与えたり、
オンラインからオフラインへと生活者の行動を促す施策を指す概念となります。

現在、国内において約110兆円あるリアル店舗での購買行動のうち、
「インターネットからの情報収集に基づく消費」すなわちO2Oによる消費規模は約22兆円(約2割)と言われています。
これに対し、Eコマースの市場規模は、2桁成長を続けながらも7兆8000億円に留まりO2Oへの注目が高まっています。

  • facebook
Copyright © weblop Inc. All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.